FireworksスライスをFlashへ自動インポート「PI_FW2FL」

Fireworksのスライスで書き出した画像を、Flashにインポートする拡張パネルで、
Fireworksパートと、Flashパートとの、2つのパネルからなります。

Flash用の画像切り出しに、Fireworksを使ってるかたには、かなり便利だと思います。
面倒な画像のインポート・ステージ配置・名前付けを自動でバーとやってくれるので、
より、クリエイティブな作業に集中できます。

私は、これがないと、Flash作る気がしません。

ちなみに過去にも同様のパネルを公開してますが、
それのバージョンアップ版になります。

FireworksスライスをFlashへ「PI_FW2FL」の機能

  • 複数の画像を、一括でインポートします
  • インポートした画像は、自動的に、MC化されます
  • MC化された画像は、自動でステージに配置。XY位置も反映れます
  • ライブラリには、インポートごとに、日付ベースのフォルダ名に配置されます

ScreenShot

パネル解説

手順

  1. Fireworksでスライス画像をまとめて書き出す
  2. PI_FW2FLパネルで、書き出しパスやスライス位置をコピー
  3. FlashのPI_FW2FLパネルに、コピーした内容をペーストしインポート
  4. MC化し、XY位置も反映したうえで、Flashステージに配置

ビデオチュートリアル

Fireworksでのスライスの作成・名前付けから、書き出し、
Flashへのインポートまでの、ひとおおりの手順を紹介しています。
※音無し、キャプション説明なしで、しかもせわしないです。すいません。


ビデオ中の、スライスの作成・名前付けの箇所は、以下のコマンドを使用してます。
Fireworks用オリジナルコマンド(jsf)一覧

ダウンロード


ZIPファイルを解凍し、2つのMXPファイルをEXTENSION MANAGERでそれぞれインストールしてください。

起動方法

Fireworksの場合

インストール後、Fireworksを再起動。
メニュー [ ウィンドウ> PI_FW2FL_4_FW ]で起動します。

Flashの場合

インストール後、Flashを再起動。
メニュー [ ウィンドウ> そのほかのパネル> PI_FW2FL ]で起動します。

対応バージョン

CS4以上です。Macは未検証ですが、たぶん動きます。
動かんかったら教えてください。
CS5については、結構、Flashごと落ちることがあるようなので、
使用前は、ファイル保存をおすすめします。

以上です。

エントリー一覧

人気エントリ

ソーシャル

About This Site

HTML、CSS、Javascript、デザイン、3D、モバイルアプリ、CMSなど、ウェブ制作関連の話題を扱うブログです。Fireworksのオリジナル拡張機能の配布や、デザインリソースの配布、オリジナルツールの公開も行っています。

About Me



FacebookTwitter

大阪在住フリーのウェブデザイナーの、ピクセルイメージ田中です。長年、ウェブサイト構築のお手伝いを行っており、デザインやプログラムを中心に、Flash全盛期につちかったモーショングラフィクスのセンスを生かした動画作成や、サイト構築に便利なCMSの開発も行っています。

»ピクセルイメージのサイトへ

JS CMS -- DBレス・簡単導入・無料のWebサイト構築用オープンソースCMS