Fireworks用こまごまパネル「PI_Utility」

本日、3つ目のエントリーなので、ちょっとぐったりです。
最後は、Fireworks用こまごまパネル「PI_Utility」の紹介・公開です。

Fireworksをもっと便利に、使いやすくするパネルです。
これまで公開してきたパネルと、結構かぶってますが、見せ方が違います。

機能

Fireworksの機能を拡張するようなものはありません。
よく使う機能を、ひとつのパネルにまとめてみました。

こまごました機能がたくさんあるので、ページ下部のビデオチュートリアルのほうで、
ざっと、ご確認ください。

ScreenShot&パネル解説

ビデオチュートリアル

実際の使用方については、こちらにて確認できます。

※音無し、キャプション説明なしで、しかもせわしないです。すいません。

ダウンロード


MXPファイルになってますので、ダウンロード後、「PI_Utility.mxp」をクリックすれば、
EXTENSION MANAGERが起動し、インストールできます。

起動方法

インストール後、Fireworksを再起動。
メニュー [ ウィンドウ> PI_Utility ]で起動します。

対応バージョン

FireworksCS4以上です。Macは未検証ですが、たぶん動きます。
動かんかったら教えてください。

以上です。

今年にはいってからのこのひと月は、仕事以外の時間は、ひたすらXCODEと向き合う日々だったので、
ちょっと気分転換のため、未公開だった、FW用パネルを公開用に仕上げて、エントリしてみました。
どれも、5年くらいまえからあったものなので、やっとこさ公開できて、うれしいです。

Fireworksの寿命が、少しでも長くなれば、本望です。
(MacromediaからAdobeになった時点で死んだと思ってたので)

これで、Fireworks用の拡張パネルは、ほぼ出尽くしました。
次は、Flashのコマンドとかパネルとか、アップします。

そして、Flashを超えた先には、iOSアプリ・・・を予定。

エントリー一覧

人気エントリ

ソーシャル

About This Site

HTML、CSS、Javascript、デザイン、3D、モバイルアプリ、CMSなど、ウェブ制作関連の話題を扱うブログです。Fireworksのオリジナル拡張機能の配布や、デザインリソースの配布、オリジナルツールの公開も行っています。

About Me



FacebookTwitter

大阪在住フリーのウェブデザイナーの、ピクセルイメージ田中です。長年、ウェブサイト構築のお手伝いを行っており、デザインやプログラムを中心に、Flash全盛期につちかったモーショングラフィクスのセンスを生かした動画作成や、サイト構築に便利なCMSの開発も行っています。

»ピクセルイメージのサイトへ

JS CMS -- DBレス・簡単導入・無料のWebサイト構築用オープンソースCMS