アートワーク / "DRAW HardMotionBlur"をアートワークに取り入れてみる

ハードモーションブラーを使ったアートワークです。今回はBIGサイズです。
以前のエントリー:FLASH / オリジナルツール / ハードモーションブラー作成 "DRAW HardMotionBlur"

オリジナルアートワーク一覧

今まで、いろいろアートワークを公開してますが、
たまには、大きなサイズで見てもらいたくなったので、
ブラウザいっぱいのサイズで公開します。


2008/07/04_01 (別WINDOW)

2008/07/04_02 (別WINDOW)

2008/07/04_03 (別WINDOW)

2008/07/04_04 (別WINDOW)

2008/07/04_05 (別WINDOW)

画面いっぱいだと、空気が新鮮です

ずっと、アートワークは、中くらいのサイズ(900*500pxくらい)で作成してたので、
ブラウザいっぱいの画面サイズは(1200px*1200px)気持ちいですね。

いままで薄ら薄ら気づいてたのですが、今回、認識できたことがあって、
画面いっぱいってのは、紙いっぱいに絵を描くのとは、また、違う気持ちよさがありますね。

紙や、画面の中でサイズが区切られていると、そこが壁になって、空気が流れないのですが、
画面いっぱいにすると、無限にサイズが広がっていくようで、空気が風にのって流れます。

特に私のように、動きのあるビジュアルが好きな人間にとっては、大きいですね。

エントリー一覧

人気エントリ

ソーシャル

About This Site

HTML、CSS、Javascript、デザイン、3D、モバイルアプリ、CMSなど、ウェブ制作関連の話題を扱うブログです。Fireworksのオリジナル拡張機能の配布や、デザインリソースの配布、オリジナルツールの公開も行っています。

About Me



FacebookTwitter

大阪在住フリーのウェブデザイナーの、ピクセルイメージ田中です。長年、ウェブサイト構築のお手伝いを行っており、デザインやプログラムを中心に、Flash全盛期につちかったモーショングラフィクスのセンスを生かした動画作成や、サイト構築に便利なCMSの開発も行っています。

»ピクセルイメージのサイトへ

JS CMS -- DBレス・簡単導入・無料のWebサイト構築用オープンソースCMS